収録が終わりました。


Behind the MASK 工藤×高垣 編
記念すべき1枚目となります、『工藤×高垣 編』。
先日、収録が全て終わりました。
BLドラマCDの収録現場にダミーヘッドマイクがあるという違和感に、なぜかスタッフが一番落ちつくことができず、終始おろおろとしていました。

恐らくBLドラマCDではあまりない(というか存在しないのかな?)ダミーヘッドマイクを使用した本作品。
プロデューサーを務めます仲河の『いっそシーツになりたい。わたしシーツがいい!』という叫びがそのまま企画となったものです。
・・・違います、そんな欲望だけではありませんよ。
もちろん『世の中のシチュエーションドラマCDの様な臨場感をBLでも出したい!』という真っ直ぐでキラキラな思いもあります。
その中で、どのようにしたら効果的にダミーヘッドマイクを使えるのかと考えた結果、欲望がアイデアへと昇華したのでございます。

『BL作品にダミーヘッドマイクは必要なのか?』と戸惑われる方もたくさんいらっしゃるかと思います。
それでも挑戦してみたいという思いが強く、色々な方を巻き込み、ご協力頂き、この作品を作ることができました。
本当にありがたいです。
素敵なキャラクターを仕上げてくださった藤河るり先生、
クライムストーリーを意識したシナリオを描いてくださった吉神あや先生、
ダミーヘッドマイクの存在感に全力でツッコミを入れてくださった熱の入った掛け合い演技をしてくださったキャストのみなさま、
本当にありがとうございます!

この作品を世に出すことが目標でした。
なので次の目標はたくさんの方にこの作品を聞いて頂くことです。

発売まで約一カ月。
みなさんにお手に取って頂けるよう、頑張って参りますのでどうぞよろしくお願いします。

 

仲河

Archives

top